苗畑より

明日にはもう見られなくなっちゃう、

素敵なものをみつけました。




4月に、中学1年、2年生の生徒たちが種もみまきをしたあの稲が、

こんなにも成長し、そして夜露の水滴を身にまとっていました。







気になって夜に行ってみてよかったなぁ。



そろそろ飛び始めるホタルのようにも見えますね。





そして、「 明日にはもう見られなくなっちゃう 」というのは、

明日、とうとう田植えなのです。


この苗畑で育てた、この苗を田んぼで植えます。



楽しみですね。




明日の日記は、きっと田植えの様子を伝えられるんじゃないかなと思います。



みなさん、午前中だけ、てるてる坊主のご用意を・・・


お願いします。




てつひさ

このブログの人気の投稿

2017年度 自由の森学園高等学校卒業式 校長の言葉

新しい教室での授業がはじまりました

「俊じいとあそぶ会」