ケヤキの剪定

自由の森学園の校門から寮までの坂は、

通称 「 じもり坂 」と呼ばれています。



土曜日は、その じもり坂に生えているケヤキの剪定作業を

高校の選択授業、「 土曜自然 」の生徒がやっていました。






いつもこの時期になると、1年間で伸びた枝が、雨が降るとそれの重みで垂れ下がり

業者さんのトラックに引っかかったりして、

なにかと不便をしていたりするのですね。





登れる木には登ってジョキジョキ。






切った枝は、「 美術の木工の授業で使うからちょうだい。 」


ということで、

あの「 じもり坂 」で育ったケヤキは、

木工の授業で、椅子やベンチなどにつかわれ、作品へと姿を変えるのです。



校内で、地産地消。




「 森 」になったということですね。



てつひさ

このブログの人気の投稿

2017年度 自由の森学園高等学校卒業式 校長の言葉

新しい教室での授業がはじまりました

「俊じいとあそぶ会」