投稿

2018の投稿を表示しています

そして、最後の教室に。

イメージ
そして、最後の教室に。


夏休みをつかって、

教室のリニューアルを進めています。




ここは、中学1年1組の教室を
外から覗いてみたところ。


天井も、壁も、
地元国産材「 西川材 」で貼り直しました。


そして、床を貼る準備が行われています。


夏休み明けには、体育館も含めて、
綺麗な教室でHRを迎えられそうです。


てつひさ

ペルセウス座流星群2018

イメージ
ペルセウス座流星群の極大が、

12日の夜から、13日の明け方までだったそうですが・・・



残念ながら、飯能周辺は、

分厚い雲の中。



なので、チャンスがあれば13日の夜にでも、

と思っていたら、23時ごろから雲が消えました!!







なんと、1時間に10個以上!







もし今晩はれていたら、まだ、きょうあたりはチャンスあり。
月もみえないので、流星観察には絶好です。


空が見えるところならば、どこを見ていても大丈夫です。

一応、ペルセウス座の放射点は北東の空ですが、
広くぼんやり空を眺めていると、
きっとピューーーっと流れます。

思いの外、明るい流星が多かったですよ。



てつひさ

学校はお盆休みですが。

イメージ
学校はお盆休みに入りました。


明日、13日( 月 )から19日( 日 )まで、

事務局も長期休みダイヤの

スクールバスもお休みです。



ですが、金曜日の木工室前の様子。


単管パイプを組んで、車輪がついて・・・



そう、サンバカーニバルのアレゴリア( 山車 )

です。



今月末の浅草サンバカーニバル本番に向けて、急ピッチに

製作中です!




熱い熱い生徒たちの活動の

応援をお願いいたします!!




てつひさ

スタディツアーの様子が、北羽新報社さんに掲載されました。

イメージ
林業講座スタディツアー in 白神山地の様子が、

8月4日付けの

北羽新報社 さんに掲載されました。


北羽新報社さんのHPはこちら




なんと、小雨の降るなか、
スタディツアー初日に、北羽新報社さんの大柄さんという記者の方が、
あの奥地のくるみ台野営場まで、取材に来てくださり、
このような素敵な記事にしていただきました。

ありがとうございました。



てつひさ

くすの樹まつり 2018のおしらせ

イメージ
くすの樹まつり2018のおしらせ。

ご近所さんである、くすの樹カントリーで
8月18日( 土 )に、
「 くすの樹まつり 」が行われます。

今年も、そのおまつりに
民族舞踊部、郷土芸能部、中国舞踊部と、
卒業生の芸能サークルの 森の踊り衆 がお呼ばれされ、
公演を行います。




公演のほか、当日は模擬店や、どうぶつふれあいコーナーなどなどがあるようです。

ぜひ、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。



てつひさ

8月9日(木)は午前半日休校にします

イメージ
台風13号が関東に近づいています。





8月9日は生徒の安全を考慮して、
午前中は半日休校とします。


スクールバスは、お昼のバスから通常運行します。

 12時27分  東飯能駅西口発、
 12時35分  飯能駅南口発 からの運行となります。

学園発の最終バスは通常通り16時30分です。


変更がある場合は学園の公式ホームページでお知らせしますので、
家を出る前には必ずご確認よろしくお願いします。

自由の森学園 公式HPはこちら


自由の森学園 中学校・高等学校 中学校長 中野 裕 高校校長 新井 達也

今日、明日のスクールバス運行について

イメージ
〜  今日、明日のスクールバス運行について 〜





台風13号が関東に近づいています。

8月8日朝の登校用バスダイヤは通常通り運行しましたが、

帰りについては学園発12時30分が最終バスとなります。



12時27分の 東飯能駅西口発 学園行き も、

12時35分の 飯能駅南口発 学園行き も、

今日は運行しませんのでよろしくおねがいします。



また、明日につきましては、決まり次第公式ホームページでお知らせいたします。

よろしくお願いします。


自由の森学園 公式HPはこちら




てつひさ

ビオトープの管理作業

イメージ
毎年恒例、

選択土曜自然のよる、ビオトープ管理作業を

おこなっています。




先日の雨で、だいぶ溜まっている状態。


作業は、ビオトープの縁に沿って植物が生えてくるように
粘土と麻布をサンドしたものを貼り付けています。


ところが、先日の雨の雨滴侵食のより、
だいぶ流されてしまって、、、

よりによって、台風13号が、
今まさに、関東に向かっているということで、

雨滴が直接当たらないように、応急処置をしたところです。




なんか、このまま農業マルチみたいに、
下から植物生えてきそうだな・・・
なんて思いつつ。


明日は、雨予報なので、
腐りかけている木道を修理する準備をするそうです。


てつひさ

復興支援ボランティアスタディツアーもいよいよ終盤です。

イメージ
復興支援ボランティアスタディツアーもいよいよ終盤です。




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


5日の夜は参加者全員でこのツアーのふりかえりの会。




このツアーで学んだこと、復興とは何か、自分たちに何ができるのか、

それぞれの想いを共有しました。










6日の朝は、宝来館の女将さんのお話。




震災時、自らも被災した女将さんは旅館を避難所として開放しました。

その後も釜石の復旧から復興へパワフルに活動している方です。




それからツアーバスは釜石市をあとにし、宮城県石巻市へ。


石巻では、津波により児童74人、教員10人が犠牲になった

大川小学校でフィールドワーク。



大川小学校で娘さんを亡くされた 佐藤 敏朗さん( 大川伝承の会 )の案内で、

3月11日、この場所で何があったのかを知り、

なぜこれほどまでの犠牲者を出してしまったのかについて考えていく機会を得ました。



学校のすぐ裏には全校生徒が避難することができる裏山がありました。



「 あの日、なぜこの景色を子ども達は見ることができなかったのか 」


これからも考え続けなくてはいけないテーマだと感じました。



今年のツアーも、とても濃い内容で簡単に結論づけることはできるわけがありません。


学校に戻り、授業の中で生徒たちそれぞれの中にある疑問や考えを

共有するところからはじめていくつもりです。



新井達也

かまっこあそびーらんど

イメージ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
8月5日。
「 福祉の現場へ 」スタディーツアーもいよいよ後半戦です。


この日の主な活動は
「 かまっこあそびーらんど 」でした。


聖学院大学、聖学院大学付属中学校高等学校、自由の森学園、
3校共同の企画です。


各校それぞれが、子どもたちに楽しんでもらえるような企画を
この日のために考えてきました。


自由の森は、「 手形アート 」と「 ペットボトル楽器 」を提案。




子どもも、大人も、ぺたぺた。
たくさんの人の手で完成した作品です。


復興への思いを込めて、希望に溢れ、登ってくる太陽をイメージ。





ペットボトル楽器には、子どもが食べても問題がないよう、
お米や豆を使用しました。

これ、なかなか良い音が鳴ります。





完成したペットボトル楽器で演奏会も。




絵と音楽、自由の森らしい素敵な企画でした。



若林 美月

もりのあと − 夏 − 22号が発刊されました。

イメージ
もりのあと  − 夏 − 22号が発刊されました。




卒業して、林業家をめざした17期生の今井さん。

「 ユネスコスクール加盟から1年。ESDを通して次の学園の学びを見つめる 」

地産地消の電力づくりを、ある企業でおこなっている三島さん( 17期生 )


などなど。



さわやかな表紙を飾っている、

外国の切手をモチーフにした雑貨を製作している

アサノスタンプ さん( 5期生 )の作品です。






「 もりのあと 」 は、

学園事務局だけでなく、学外でも配布しています。

もしかすると、ご自宅の近くにあるかもしれませんよ。


もりのあと 学外配布先はこちらから

バックナンバーも含めて、ぞくぞく更新中。



また、うちのお店に置いてもいいよ。

という方がいらっしゃったら、事務局までご連絡ください。





てつひさ

釜石よいさ 〜 踊り継ぎたい夏がある〜

イメージ
釜石よいさ 〜 踊り継ぎたい夏がある 〜




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
8月4日。
高校生の選択講座「福祉の現場へ」、
スタディーツアー2日目です。

この日の前半は、仮設住宅で活動しました。
まずは、仮設住宅を退去された方も多いので、
環境整備のため草取りをしました。








草取りをした後は、生徒が企画した「お茶っこサロン」で交流会。
ホットケーキを作りました。





震災当時から現在まで、仮設で生活をしている両川吉男さんにお話を伺いました。



岩手県釜石市では、2019年にラグビーワールドカップが開催されます。

そのため仮設住宅は今年でなくなってしまうため、
仮設住宅での活動は今年で最後です。

仮設住宅がなくなっても、
ここでつながった縁を大切にさせていただきたいと思っています。



この日、元消防団で、現在は「 釜援隊 ( かまえんたい )」として活動されている
前川智克さんにもお話を伺いました。

前川さんは津波にのまれながらも、奇跡的に助かったそうです。
助かった後も、救助活動にあたり約1ヶ月家に帰れず、
ご家族と再会できたのは震災発生から約3ヶ月後。

被災者でもあり、救助する立場でもある前川さんのお話はかなりリアルで、
迫力のあるお話を聞かせていただきました。

復興支援ボランティアスタディーツアー、スタートしました!

イメージ
8月3日、
飯能からバスに揺られること約8時間。

岩手県釜石市にきています。


目的は、高校生の選択講座「 福祉の現場へ 」で、
復興支援ボランティアスタディーツアー に参加するためです。





このスタディーツアーは、埼玉県上尾市にある
聖学院大学ボランティア活動支援センターが東日本大地震以降、
継続的に行なっている企画です。


8月3日から6日まで、自由の森学園からは13名の生徒が参加しています。



1日目は、NHKカメラマン徳田憲亮さんによるお話を伺いました。
震災当時の貴重なお話、これまでの歩みについてお話ししていただきました。




いよいよ、本番!
みんな元気にがんばりましょ〜!


若林 美月

モンベル長瀞で、ラフティング。

イメージ
今日は、

モンベル長瀞さんで、ラフティングでした。


モンベル mont-bellさんは、自由の森学園の活動に

いつも応援してくれているのです。


そして、その一環として、

明日から始まる、学びの森の前日に

ラフティング体験をお手伝いしてくれています。


モンベル mont-bell さんの公式HP

モンベル( 自由の森学園の提携企業 について )









荒川本流。

出発と同時に、なんと秩父鉄道の SL( パレオエクスプレス )

が目の前を通るサプライズ!!







暑い暑い毎日ですが、
水の中は、気持ちいい〜。
みんなで、じゃぼん。





のんびり下っているようにも見えますが、
今日は、台風通過後すぐ。


通常の数倍の水量だったようで、
迫力満点!!




荒瀬をクリアして、いえぃ!!
とやっている、後ろで、今まさにザバン!!
と。







ザバン





ザバン。

ほとんど沈んじゃっているようにも見えますね。



暑い日々が続いていますが、
今日は、スリリングで冷たい体験をありがとうございました。

参加された皆様もおつかれさまでした。





明日は、小岩井の校舎で

「 学びの森 」。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本校ならではの様々な授業を二日間、
たっぷり体験していただける毎年恒例の授業体験イベントです。
気になる授業を選択して、「自由の森の学び」を満喫してください。
2日間の参加はもちろん、どちらか1日のみの参加も可能です。
1日目のみ一般クラスもありますので保護者の皆さんも気になる授業がありましたら
ぜひご参加ください。

「 学びの森 」についてはこちら( 中学生向け )

飯能日高ケーブルテレビさん 「 街コロンブス 」より

イメージ
今日は、ドラマチックな夕焼けでしたね。


こんな夕焼けをみると、今でも思い出す空があります。

それは、あのときのそら。










そう、あのときの。

中学2年生があるいた、ナイトウォークの時のそらです。




当日は、自由の森の出発式からゴールまでの8時間余りを

ずっと飯能日高ケーブルテレビのカメラマンと、リポーターさんが

歩いて密着してくれていた事をお伝えしていたかと思いますが、



なんと、飯能日高ケーブルテレビさんの番組、

「 街コロンブス 」で、

そのナイトウォークの密着番組が放映中のようです。



1日に4回、次の月曜( 6日 )まで放送中ですので、見られる方は

ぜひ!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

月曜〜金曜 9:30、18:30、20:30、22:30、
他 土曜・日曜 7:30、14:00、20:00、22:30

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

飯能日高ケーブルさんの Facebook は、こちら↓

https://www.facebook.com/hannohidaka/


「 街コロンブス 」というコーナーです。




てつひさ

「 マイあさラジオ 」 秋田 藤里町より

イメージ
今朝、8月1日のAM5時より放送されている

「 NHKマイあさラジオ 」のひとつのコーナー

「 毎朝だより 」に、

林業講座の、白神山地スタディツアーでお世話になった

斎藤 栄作美( さいとう えさみ )さんが出演しました。




秋田、藤里町より、

斎藤さんの「 最近のうれしいニュース 」として、

今回のスタディーツアーの事を中心にお話をして頂きました。




8月8日まで、以下のサイトで聞くことができます。

マイあさラジオ の聞き逃しコーナーはこちら


8月1日( 火 )5時台 の 5時42分 からの約10分間です。



「 埼玉県の飯能市にある高校 」という紹介。


20数年前からの修学旅行のことについても触れてくれています。

本当にながーいことお世話になってますね。



こういう、ひととひとの繋がりって本当にすごいなぁと思います。

そんなエピソードも紹介して頂きました。



ぜひ、お聴きください。




斎藤さんに感謝です。

また、お邪魔します!!



てつひさ

体育館耐震補強工事はじまる

イメージ
体育館耐震補強工事はじまりました。


大地震の際の落下防止対策のため、
体育館の天井ボードを撤去する工事が本格的に始まります。


案内されて体育館に入ってみると、
天井に届く巨大な足場が組まれており、
天井材の飛散防止のためにビニールシートで現場が覆われています。







普段は遠くに見えていた天井が、足場に登ってみると目の前に。






へこんだり、緩んだりしている様子が手に取るように分かります。
















今日からボードの撤去作業が始まるそうです。

白神山地への恩返し。

イメージ
白神山地への恩返し。




ブナのこずえからの木漏れ日。
岳岱自然観察教育林のみちばたにて。




最終日。

お世話になった白神山地への恩返しをしました。





土嚢( どのう )袋に砂をめいっぱい詰めて。




しばり方を、斎藤さんに教えていただき、





軽トラの荷台に、ひとり1個とちょっと。
20数個をのせて、
いざ、田苗代湿原を目指して、街からいつもの林道の終点へ引き返します。

途中、くるみ台野営場、岳岱自然観察教育林を通り、約1時間の道のり。






そして、林道終点、
駐車場から土嚢をかついで、田苗代湿原に向けて!!






重い!!





しばらく歩いた、先。
雨降るとぬかるむ場所へ。



雨が降りぬかるむと、登山者はそこを避け、
登山道の端を踏むようになる。
そこに土嚢を敷くと、雨が降ったとしても登山道以外を
踏まず、周りの植生を守れるようになるんです。

こんな大変なことは、ボランティアを募ったって誰もやってくれない。
自由の森学園の生徒だからこうやってやってくれる。
ほんとうにすごい。ありがたい。

と、斎藤さんのお話。