もりのあと 第21号 が発行されました。

もりのあと 第21号

2018年 梅雨 

 が発行されました。




表紙は、とてもマットな

7期生 鈴木 知道さんの木の板を焼いて描いた「 焼き絵 」。



中を開くと、さわやかなこれから来る夏を先取りしたようなページが。


勝浦で、ゲストハウスをされている 福岡夫妻。( 共に12期生 )




また、15期生で、映像カメラマンとして全国を飛び歩く 丹内浩之 さんのページ。




「 MORI REVIEW 」のコーナーでは、図書館司書の大江さんが

増田さん( 6期生 )と、尾松さん( 9期生 )を紹介しています。



そして最後は、春。

食生活部から、春キャベツを使ったロールキャベツの紹介。



などなど。

本当に充実した内容になっています。




ぜひ、学校にお寄りの際はぜひ。

今号もお楽しみに。


見た目も、とっても素敵な仕上がりですよ。





そんなに学校には来られないよ・・・

と言う方は、

こちら↓


もりのあと 学外配布先 ページはこちら。


思いの外、ご自宅の近くにあるかもしれませんよ。


また、もりのあとを置いてくださる方も同時に募集しています。

お声がけください。



てつひさ

このブログの人気の投稿

2017年度 自由の森学園高等学校卒業式 校長の言葉

新しい教室での授業がはじまりました

「俊じいとあそぶ会」