ユネスコスクールのプレートが贈呈されました

今日、日本ユネスコ協会連盟から学園にユネスコスクールのプレートが贈呈されました。


埼玉県ユネスコ連絡協議会の田村会長、熊倉事務局長、江口理事が来校され、

私が学園を代表してステンレス製のプレートを受け取りました。





















自由の森学園がユネスコスクール登録に向かった理由などをお話しし、

これまでの実践について紹介しました。


また、同じユネスコスクールである韓国の河南高校と

20年以上生徒間交流を行っていることをお話しすると、

田村会長も長年日韓交流に尽力されていることをお話しされ、

これからも提携を深めていくこととなりました。



全国に約1000校も登録されているユネスコスクールですが、

埼玉県では関心が低く、小中高合わせても一けたです。


環境や社会の持続可能性が重要なテーマとなっている今日、

ますますESDの重要性が大きくなっています。

登録の機に、学園の実践を積極的に発信していこうと思います。



鬼沢 真之

このブログの人気の投稿

2017年度 自由の森学園入学式 校長の言葉

食堂オリエンテーション

2017年度 中学入学式