新しい教室での授業がはじまりました

教室改修工事、先週末に工事がほぼ終わった教室に高校21組が移動しました。

教室がほのかな木の香りで包まれています。















大きく変わったのは、教室の後ろのロッカーと壁、そして天井です。

合板や合成接着剤を使わず、無垢のスギ材で作ってあります。


























生徒用ロッカーは、これまでの引き出しではなく、

通学で使うバッグを収められる大きさになりました。


地震などで開かないように、押して開ける扉になっています。































天井もスギ板を敷き詰めました。これも塗装されていない無垢材なので、

湿度を適度に保つ役割をするそうです。


照明は、天井にはり付け型のLEDにしました。



















開閉しにくかったドアも、木のドアに変更。とても軽く滑るように動きます。






























移動と同時に、ロッカーの表面に蜜蝋ワックスを自分たちで塗りました。





























今後、高校2年生のフロアを順次工事していきます。


設計を担当した日高さんのブログで教室改修が紹介されています。

鬼沢真之

このブログの人気の投稿

2017年度 自由の森学園高等学校卒業式 校長の言葉

「俊じいとあそぶ会」