「 もりのあと 」の取材に来ています。

昨日ですが、「 もりのあと 」の取材で、

藤沢市へ。


行き先は、市役所。

少し緊張しながら、受付へ。


「 お久しぶりです! 」

と、だいぶ知った仲の卒業生の顔がみえて、

さっそく取材に。



少し離れの、収蔵庫へ。




いろいろお話をうかがって、

いつもの仕事の様子を撮影。



















ふだんは、こういうものを対象にされている学芸員さん。



「 こういうものを、収蔵していただけではだめで、実際に見てもらって、触ってもらったりして、いろいろ感じてもらって・・・。

そういう世界を伝えていくのがぼくたちの仕事です。
実際その世界に触れたら、伝わるものがありますから。」


と、言っていました。


普段は、収蔵庫からとびだして行くことが多く、

春だけでも、市内の小学校の半分以上をぐるっと回って、

行った先々で、出前授業をしているんですって。



今の考古学の現状だったり、藤沢の地形の話と遺跡の関わりの関係の話だったり、

プライベートな話だったり。

たくさんいろいろなことを話しましたが、やっぱり学芸員さんって

すごい!



「 どうやって伝えるか 」


私も勉強になりました。


いい1日でした。

ありがとう。




くわしくは、このあと発行される「 もりのあと 」

にご期待ください。



「もりのあと」アーカイブはこちら



てつひさ

このブログの人気の投稿

新しい教室での授業がはじまりました

「俊じいとあそぶ会」

2017年度 自由の森学園入学式 校長の言葉